病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
医療安全管理指針
感染管理指針
調達情報
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
施設紹介
施設紹介
医師

麻酔科(ペインクリニック)

その痛み諦めていませんか?
われわれペインクリニック専門医は、頑固な痛みや難解な痛みから肩、腰、膝などの良くある痛みまで幅広く対応いたします。どこへ行ってもダメだったと肩を落とす前に一度ご来院ください!

 

 

外来予定表

 
ペインクリニック
(午前)
寺田 哲 寺田 哲         
ペインクリニック
(午後)
  寺田 哲        
 

医師紹介

     寺田 哲(てらだ さとし)
出身大学  獨協医科大学(H20.3卒業)
 経  歴  獨協医科大学越谷病院で麻酔、
NTT東日本関東病院でペインクリニックの研修を経て、
静岡リウマチ整形リハビリ病院の麻酔科ペインクリニック科長へ就任後、当院のペインクリニック科へ至る
 専門資格  日本麻酔科学会専門医
日本ペインクリニック学会専門医
日本骨粗鬆症学会認定医
 所属学会  日本麻酔科学会
日本整形外科超音波学会
日本ペインクリニック学会
日本区域麻酔学会
日本リハビリテーション医学会
日本骨粗鬆症学会
 

ペインクリニックは一言で言うと、痛みを取ることに特化した科です。基本的にはどのような痛みにも対応します。
肩、腰、膝のような一般的な運動器疾患の痛みはもちろんのこと、手術後の神経痛や帯状疱疹の後の神経の痛み、はたまた頭痛や三叉神経痛まで神経性の痛みまで幅広く診察いたします。

 

治療方法は局所麻酔薬を使用した神経ブロック生理食塩水で筋間やその他の結合組織を剥すハイドロリリースなどを駆使して治療を行います。

 

近年、格段に性能が向上してきている超音波を使用し、それに解剖学の知識を統合して行うことで被爆などの危険性もなく安全かつ確実に手技を行うことができます。また、理学療法士と連携することにより、さらに確かな効果の持続と改善を見込むことが可能です。
もし、お悩みの痛みがあれば一度来られてみてはいかがでしょうか!

 

肩が上がりにくい、腰が重い、膝が痛くて思うように歩けないなんてことはありませんか?
あるとしたら、今まで通っていた整形外科や整体、鍼灸などに加えてペインクリニックという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか?

ペインクリニックQ&A

Qペインクリニックは医者ですか?
Aはい、国家資格を持った医師が対応します。

Qペインクリニックという科なのですか?
Aはい、ペインクリニックという科が存在しますが医師によりベースとなる科がまちまちです。
多くは麻酔科や整形外科ですが、中には総合内科や普通の内科の先生が標榜していることもあります。

Qペインクリニックはどんな疾患が多いですか?
A先ほど述べたような、整形疾患で特に慢性化しやすい肩、腰、膝が多いです。なかでも腰は非特異的腰痛症といってレントゲンやMRIに映らないものも中にはあるので腰の痛みを抱えていたらぜひお越しください。

Q他にはどのような疾患が多いですか?
A多くのペインクリニックは慢性難治性の疼通つまり、3か月以上治らない痛みを見ることが多いので慢性化してしまった帯状疱疹後神経痛や術後の後遺症、頭痛や三叉神経痛その他の神経性の痛みが多いです。また、手足の痺れ痛みなども多くみます。

Q治療法はどのようにするのですか?
A近年、超音波装置の発達により精進を積むことにより多くの神経、腱、筋肉などの運動器疾患を正確に特定できるようになってきました。従来の透視(X線)に加えて当院では超音波ガイド下での神経ブロックやハイドロリリースを行います。

Q神経ブロックとは何ですか?
A神経ブロックは抹消神経に局所麻酔薬や高周波熱凝固、パルス高周波通電を行うことにより一時的あるいは長期間にわたり神経機能を停止させ痛みを軽減することを目的とした治療法です。

Qハイドロリリースとはなんですか?
A最近、提唱されてきている方法です。局所麻酔薬だけではなく液体(生理食塩水5%グルコース)により組織間を剥離することにより、筋肉同士の滑走性を促したり、発痛物質を洗い流したり、神経の絞扼を取ったりすることにより痛みを取り除く方法です。

Qどのくらいでよくなりますか?
Aもちろん抱えている疾患や人によりまちまちですが、効果のある方はその日に痛みが消えます。また、理学療法を併用することで鎮痛の効果増強や持続時間の延長の期待もできます。ただ、全く効果が無いという方も中にはいらっしゃいます。

Q根本的な治療ではないですよね?
Aこれも疾患の種類によりますが、運動器疾患ならば痛みがどこから来ているかが特定できればその隣接部位のトレーニングやストレッチを理学療法士とともに行うことで根本治療につながります。
ただし、確実に手術が必要と思われる症例は整形外科の先生へご紹介させていただきます。

Q金額はどの程度ですか?
Aこれも疾患により行う処置が異なるので、一概にはお伝えすることはできませんが基本的には全て保険適応での診療とさせていただいております。
PageTop